ホーム奈良県の日帰り温泉・日帰り入浴>神々が宿る杜の天然温泉かもきみの湯 ( 奈良県御所市)

  • RSS
神々が宿る杜の天然温泉

かもきみの湯

TEL:0745-66-2641
奈良県御所市大字五百家333

存在感のある源泉と肌つるつるの濾過源泉、個性的な露天風呂
リーズナブルな価格ながら様々な湯を味わえてお得感いっぱい

クーポンなし 天然温泉

かもきみの湯奈良県御所市は南阪奈道路葛城ICから約16kmの、大阪府と奈良県の県境。古くは「日本書紀」にその名が見られる葛城山のふもとに佇む「神々が宿る杜の天然温泉 かもきみの湯」。
葛城地区の水処理施設「アクアセンター」と隣接し、周囲にはアスレチックや遊具の広場、ハーブ園、遊歩道などが整備され、一帯が自然豊かな大きな公園となっている。
最寄り駅からバスの便もあるものの本数が少なめで、車でのアクセスが最も便利な土地柄にも関わらず、活気あふれる「かもきみの湯」。その理由は大人500円というお手頃価格ながら、薄いヴェールに包まれたような、やわらかな肌触りとツルヌル感が楽しめる源泉を堪能できるから。泉質は高濃度のナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉。
山合いの自然に抱かれて、1日まるごと楽しんだあとに立ち寄るレジャー帰りの行楽客を中心に温泉ファンも訪れる。別途料金で貸し切り風呂も利用OK。

神々が宿る杜の天然温泉
かもきみの湯
  • 施設名 神々が宿る杜の天然温泉 かもきみの湯
    ふりがな かみがみがやどるもりのてんねんおんせん かもきみのゆ
    住所 奈良県御所市大字五百家333
    TEL 0745-66-2641
    営業時間 10:00〜23:00(最終入浴受付時間22:00)
    定休日 無休(不定期メンテナンス休業あり)
    公式HP http://www.kamokiminoyu.net/
  • 料金
    OK
    ■通常入浴料金
    大人(中学生以上)500円/子供(3歳〜小学生)250円

    ■手ぶらパック(入浴+レンタルタオル)
    大人(中学生以上)650円/子供(3歳〜小学生)400円

    ■回数券(11枚綴)
    大人(中学生以上)5,000円/子供(3歳〜小学生)2,500円

    ※家族風呂(90分/別途入浴料金が必要) 1家族につき2,000円
    ※乳幼児(3歳未満)無料
    アクセス
    車 西名阪道柏原IC、もしくは南阪奈道路葛城ICより、御所市方面へ
    県道御所香芝線名柄左折、国道309号線経由、室右折
    国道24号線経由、アクアセンター前を右折すぐ
    駐車場 250台(無料)
    電車・バス 近鉄御所線御所駅またはJR御所駅より奈良交通バスで約15分
    JR葛駅または近鉄御所駅前より御所市コミュニティバスひまわり号東or西ルートで「かもきみの湯」下車(本数少なし)
  • 湯データ
    源泉名 葛城の郷 鴨君之湯
    泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
    源泉温度 34.4度
    ph -
    湧出量 -
    成分総計 12,040mg/kg
    特徴 黄褐色混濁、炭酸味、甘味、ほとんど無臭
    雲母片あり、炭酸ガス湧出あり
    効能 神経痛、関節痛、慢性消化器病、冷え性、慢性皮膚病など
  • 館内マップ
    かもきみの湯
  • お風呂の種類
    天然天然
    変わり湯変わり湯
    かけ流しかけ流し
    炭酸風呂炭酸風呂
    露天風呂露天風呂
    サウナサウナ
    寝湯寝湯
    蒸気風呂蒸気風呂
    座り湯座り湯
    貸切風呂貸切風呂
    別料金90分
    ジェット系ジェット系
    岩盤浴岩盤浴
    ※かけ流し:循環・ろ過を行わず放流式で配湯 ※炭酸風呂:人工も含む
    館内情報
    フェイスタオル 有料 ローション 有料
    バスタオル 有料 乳液 有料
    歯磨きセット 有料 トニック類 有料
    綿棒 有料 シャワーキャップ 有料
    ドライヤー 有 シャンプー 有
    クシ・ブラシ 有料 リンス 有
    ベビーベッド 有 リンスインシャンプー 有
    くつろぎ着 有 ボディーシャンプー 有
    ロッカー 無料 せっけん 無
    浴室内物置 無 バリアフリー 対応
    コットン 有料 喫煙 分煙
トップへ
神々が宿る杜の天然温泉
かもきみの湯
お風呂
地下1,605mより涌く高張性のナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
露天エリアの濁り湯の源泉と内湯のぬめり感の強い濾過源泉で入りくらべ
石がテーマ「I系」と木がテーマ「Ⅱ系」が日替わり
「かもきみの湯」では、研ぎ出した赤や黒の石を使った落ち着いた雰囲気の「Ⅰ系」と檜を用いた優しい印象の「Ⅱ系」の雰囲気の異なる2種類の浴場が男女日替わり交代で楽しめる。(奇数日:女湯I系・男湯Ⅱ系)
地下1,605mから湧出する源泉は高張性のナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉で、やや濃い目の黄褐色の濁り湯。ぬるりとしたなめらかな湯ざわりで、しばらく浸かれば肌がツルツルに。微かに感じる炭酸の気泡も心地良い美人の湯だ。
この源泉はI系Ⅱ系ともに露天エリアの「石風呂」で堪能することができる。また鉄分等の濾過を行い、無色透明に変化した濾過源泉もあり、こちらは内湯の「主浴槽」で。
いずれも、身体に成分が浸透しやすい高濃度の温泉だから、長湯をせず、時々クールダウンや白湯につかりながら楽しみたい。
源泉使用「石風呂」や個性豊かな湯が揃う露天エリア
露天エリアは随所に緑が配置され、くつろいだ雰囲気。人気は最奥にある源泉を使用した「石風呂」。4〜5人入ればいっぱいのこじんまりとした湯船だが、ここに来たらヴェールのような感触を忘れずに体験したい。その他、クールダウンに丁度良い「足湯」、すぐ近くのハーブ園で収穫したハーブを使用した「ハーブ湯」、肩こりに効く2本の「打たせ湯」、塩マッサージもOKの60度程度の「塩サウナ」の以上がI系Ⅱ系共通の湯船。

石をテーマにしたI系ならではの湯としては、野趣あふれる「岩風呂」、浴槽内に設置された水晶が体内を活性化するという「水晶風呂」など。
木をテーマにしたⅡ系では檜造りの小さな舞台がついた「檜舞台風呂」、炭を仕込んだ壁面から湯を流し、湯のあたりをまろやかにした「炭風呂」。日によって変わる漢方の生薬を使った「薬湯」など。
ぬめり感の強い濾過源泉の主浴槽が人気の内湯
I系は「石」とⅡ系は「木」と異なる2つの浴場だが、造作は違えど内湯の内容は、ほぼ同じ。両浴場ともメインは大きな「主浴槽」。こちらには鉄分やマンガンを除去した濾過源泉を半循環式で使用。濾過することによって無色透明な湯に変化。キラキラとした雲母状の細かい湯の花が漂う様子がよくわかる。さらに源泉に比べてぬめり感がを増し、温泉成分の析出によって浴槽の縁をまるで湯葉のようになめらかにコーティング。その他、日替わりで色鮮やかな香り湯を満たす「日替わり風呂」、超音波の気泡が弾ける「泡風呂」、ジェット噴流が血行を促進する浅めの「寝湯」、座って下半身を重点的にほぐす「座湯」、のんびりと座ってくつろぐ「腰掛け湯」、約90度の設定の「サウナ」、「水風呂」など。また、別途料金が必要だが貸切の「家族風呂」のミニ岩風呂も人気。良質な濾過源泉が満たされ水入らずで楽しめる。(90分・一家族/入浴料金+2,000円)
  • 広々とした露天エリア
    広々とした露天エリア
  • 加水なしの源泉使用「石風呂」
    加水なしの源泉使用「石風呂」
  • 風がきもちいい露天の「足湯」
    風がきもちいい露天の「足湯」
  • 手前が水晶風呂、奥がハーブ風呂
    手前が水晶風呂、奥がハーブ風呂
  • 「打たせ湯」
    「打たせ湯」
  • I系のみ「岩風呂」
    I系のみ「岩風呂」
  • I系のみ「水晶風呂」水晶付き
    I系のみ「水晶風呂」水晶付き
  • Ⅱ系のみ「桧舞台風呂」
    Ⅱ系のみ「桧舞台風呂」
  • 「炭風呂」
    「炭風呂」
  • 薬湯この日は「薬仁湯」
    薬湯この日は「薬仁湯」
  • 低温の「塩サウナ」
    低温の「塩サウナ」
  • 石がテーマのI系「主浴槽」
    石がテーマのI系「主浴槽」
  • 木がテーマのⅡ系「主浴槽」
    木がテーマのⅡ系「主浴槽」
  • 湯葉のような析出物
    湯葉のような析出物
  • 「変わり湯」 黒糖ミネラル
    「変わり湯」 黒糖ミネラル
  • 「泡風呂」
    「泡風呂」
  • Ⅰ系の「寝湯」「座湯」
    Ⅰ系の「寝湯」「座湯」
  • Ⅱ系はジェットも檜づくり
    Ⅱ系はジェットも檜づくり
  • くつろぎの「腰掛け湯」
    くつろぎの「腰掛け湯」
  • 「高温サウナ」
    「高温サウナ」
  • カランの数は23個
    カランの数は23個
  • 独立した洗い場
    独立した洗い場
  • 「家族風呂」の濾過源泉
    「家族風呂」の濾過源泉
  • 第二温泉掘削中
    第二温泉掘削中
脱衣所
ベビーベッドに無料ドライヤー、水栓つきドレッサーなど必要設備完備
ゆったり気持ちよく身づくろいできる、機能的で清潔な脱衣所
明るい暖色系でまとめられた脱衣所。扇風機や送風機とベンチ、飲み物の自動販売機もあり、ロッカーや通路もゆとりをもって作られているので、軽く涼みながらゆったりと着替えられる。Ⅰ系Ⅱ系、どちらの浴場にもベビーベッドが用意されている。間接照明がやわらかに照らすドレッサーコーナーは、コンパクトながら水栓が6つ、無料のドライヤーも3台あり、湯上がりの身づくろいには困らない。機能的で清潔な印象の脱衣所だ。
  • ドレッサーコーナー
    ドレッサーコーナー
  • ロッカースペース
    ロッカースペース
食事
座布団を枕に仮眠もとれる、広々とした和室大広間が2つ
ソファやテーブルセットなどもあり、豊富なくつろぎ場所がニーズを満たす
浴場エリアのれんを出たところの裏に20畳の休憩室と、ロビーに面した場所に、より広い休憩室があり、どちらも和室の大広間でテレビと座布団を用意。隅にはマッサージチェアも。こざっぱりとして、思い思いにリラックスできる広さが魅力的。湯上がりに仮眠をとる人も多い。また、番台前のロビーには、テーブルセットが5つとゆったりした長ソファー、牛乳やアイスクリームの自動販売機コーナーの横には、集煙装置つきの喫煙テーブルもあり、万人のニーズを満たす。
  • 大広間の休憩スペース
    大広間の休憩スペース
  • ロビーにも座る所がたくさん
    ロビーにも座る所がたくさん
休憩スペース
定食から一品まで揃うレストランは、和室で宴会コースもあり
入湯料金やボディケアなどがついた至れり尽くせりのお得なセットも
2階にある「食事処かもきみ」は、栄養バランスのよい和風定食から、さっとお腹を満たせる麺類、ビールの肴の居酒屋メニューまで、湯上がりにおいしいメニューが多く揃う。入湯料金と1,000円相当の和風ご膳がセットになって1,380円の「ごはんパック」や、さらにレンタルタオルと20分のボディケアもプラスした「ゆったりパック」3,650円などの各種パック料金が、お得感あり。テーブル席のほか、グループで利用できる和室では予約制で宴会もできる。
  • 定食からスイーツまで
    定食からスイーツまで
  • 宴会もできる和室
    宴会もできる和室
売店・お土産
塩サウナに持ち込みたいミネラルたっぷりのさらさら岩塩はフロントで
土日祝には、新鮮野菜や手作りの素朴なお菓子が安い産直市が立つ
常設の売店などは特になし。フロントでは、塩サウナに持ち込める、ミネラルを多く含む深層岩塩を粉状にしたマッサージソルト「武漢の塩」500g入りを、200円で販売している。また、土日祝は、玄関前で、近郊の農家でとれた新鮮な野菜などの直売市が立つ。野菜や果物だけでなく、仏壇用の切花、手作りの素朴なあられや麦の粉から作ったお餅など、山あいの土地ならではの、郷土色豊かな品が安く並び、都市部からのレジャー客に喜ばれている。
  • マッサージ塩、タオルも販売
    マッサージ塩、タオルも販売
  • にぎわう産直市
    にぎわう産直市
その他施設
1階にはまつ毛パーマも受けられるエステや、ベテラン揃いのマッサージ
宴会のできる2階カラオケルームはリーズナブルで、予約必須の大人気
1階の番台裏にあるのがエステサロン「シャングリラ」。フェイシャルケアのほか、「まつ毛パーマ」2,100円〜と気軽に試せる料金設定で人気。「癒し処ムートン」では、熟練のスタッフによるボディケアが受けられる。「眼精疲労+頭皮ケア」10分1,200円などのクイックメニューも。2階には、12名までの「カラオケルーム」が2部屋。2時間1,500円〜のお得な価格に、食事つき宴会コースもあり、予約必須の大人気プランだ。
  • ボディケアは7床
    ボディケアは7床
  • 予約必須のカラオケルーム
    予約必須のカラオケルーム
  • 喫煙コーナー
    喫煙コーナー
  • 周辺の遊歩道
    周辺の遊歩道
  • 浴室入口
    浴室入口
施設より
平日は再入浴可能、イベントデーの花風呂などの変わり湯は超贅沢!!
休日のしめくくりに良質の温泉を堪能し、明日の英気を養って下さい
「かもきみの湯」では、平日は浴場ののれんを出られても再入浴が可能です。入湯料も大人500円とリーズナブルなので、お得だと思います。さらに、レディースデーなどのイベントでは「花風呂」を、時には1500輪もの生バラを用意し、贅沢に浴槽に浮かべることもあります。色とりどりの花びらと香りでセレブ気分になれると好評です。
周辺には、遊具施設や芝生での、そりすべり、香りのよいハーブ園の散策など、小さなお子様から大人の方まで1日楽しんでいただける環境が揃っています。そうしたレジャー帰りのお客様が多いですね。浴場が混雑するのは、休日は午後から21時頃まで、平日も18時〜20時頃でしょうか。逆に、朝イチ過ぎの午前の時間帯は、ゆったりご入浴いただけます。
現在、湯量や泉質のさらなる改良を目指し、第二温泉を掘削中です。楽しい休日の締めくくりは、良質の温泉に浸かって明日の英気を養って下さい。
トップへ
  • RSS
かもきみの湯に関するブログを読む
トップへ